ウドンくらふと

*

マイクラ|トラップ処理層&トロッコ自動回収装置の作り方[PS4/vita/WiiU/PE/PC対応]

      2017/03/03


こんにちは、最近PS4で起動してるゲームNo.1がマイクラの、うどんです。

前回の記事「超簡単!高効率な落下式天空トラップタワーの作り方」で天空トラップタワーを作ったときに、回収地点と残ったモンスターの処理について書ききれませんでした。

ですので今回は、それら2つを同時にこなす装置を紹介したいと思います。

<スポンサーリンク>

仕組みの説明

この画像↑をモンスターの沸くスポナーブロック(金ブロック)と地面(石ブロック7×7)として考えていきます。

 

①チェストとホッパーを設置する

まずアイテムを貯めるチェストを置き、そのチェストにアイテムが流れるよう、この緑の矢印の向きにホッパーを置きます。

ここでホッパーの数をケチって2~3個にするとアイテムが送れないので気を付けてください。

チェスト・ホッパーに向けてホッパーを設置したい場合は、スニーク状態(ブロックから落ちない状態)でそのブロックをタップすれば設置できます。

 

②レールを敷く

次にトロッコが途中で止まらぬようこのようにレールを敷きます。

右上と左下のはみ出した部分は、往復させるため加速レールを設置してます。

そしてこのホッパートロッコがホッパーの上を通過するたびに、ホッパーにアイテムを送る仕組みです。

 

③マグマブロック設置

これが今回の目玉!アップデートで新しく追加された「マグマブロック」は、ネザーのモンスター以外なら熱ダメージを与え、かつ下を通るホッパートロッコにアイテムを送ることができるという超優秀なブロックなので、今回はこれを採用してます。

このブロックはモンスターが落ちてくる場所で、かつトロッコの上に敷き詰めてください。

 

落下式トラップタワーにも

サイズが大きくなるとこうなります。注目して欲しい点は、距離が長くなってるので途中でトロッコが止まらぬよう加速レールを増やしてるところですね。

因みに↑の緑の線で塗った部分がホッパーで、赤く塗った部分にはチェストがあります。

後は同じく、このレールの上にマグマブロックを敷き詰めます。

 

まとめ

この方法ならトラップタワーのような大きい面積でも、スポナートラップのような小さい面積でも、このやり方なら完全自動でモンスターを処理&アイテム回収してくれます。

加速レールがそれなりに必要でコスパは少々高いですが、レール・加速レールを無限に増やす方法があるのでそれはまた別の記事で紹介していこうと思います。

 

AD

AD

 - 装置